オメガ3脂肪酸は3つの成分から成り立っている

大豆の栄養の効率的摂取

微笑む中年女性

大豆イソフラボンの変化

女性ホルモンや肌に良いとされている大豆イソフラボンですが、この成分は体の中に摂取することでその成分が変化していきます。というのも、大豆イソフラボンは腸内細菌と反応してエクオールという成分になり、これが女性ホルモンの不足によって起こる諸症状を解消していくのです。ただ、ここで注意が必要なのが、大豆イソフラボンからこのエクオールを作りだすことができる人は、日本人でもその約半数ほどだということです。年齢や生活習慣、さらにはストレスや疲れの程度によって腸内環境は異なってきます。これによってエクオールを作り出せるかどうかも変わってくるということです。エクオールが作り出せない人は、大豆イソフラボンを摂取してもそのまま吸収することになり、結果、十分な健康効果を得られないままになってしまうのです。

体質によって異なる対処

体内でエクオールを作ることができない人は体の外から摂取するタイミングで、すでにエクオールとなっているものを取り入れていくのがおすすめです。大豆イソフラボンでは十分な効果が実感できない、そんな人でもエクオールサプリであればその吸収率の高さから効果にある程度期待を持つことができます。女性ホルモンの乱れによって引き起こされる月経前症候群、さらには閉経のタイミングで女性が悩まされることが多い更年期障害など、こうしたものでもエクオールサプリを活用すれば症状を予防、改善していくことが可能です。とはいえ、サプリには種類もありますし、その良し悪しを判断するためにも事前の商品リサーチ、口コミ情報のチェックは徹底しておくようにしましょう。