オメガ3脂肪酸は3つの成分から成り立っている

加齢による不調には

下を向くレディー

ホルモンの影響

更年期とは、40代半ばから50代半ばの時期のことで、このころに訪れる体の不調を更年期障害と呼びます。女性に多くみられる症状です。更年期障害は、ホルモンバランスの乱れが原因といわれており、身体的、精神的、さまざまな不調が起こります。症状の内容は、個々によって異なりますが、よくある症状として、ホットフラッシュと呼ばれる体のほてりやのぼせ、大量の汗をかく、めまい、倦怠感、むくみ、頭痛の他、イライラや不安、神経質、不眠障害など精神的な症状もあらわれます。また、症状の度合いも異なり、更年期時期がきても気にならないという人もいます。更年期障害の症状が疑われたら、病院へ受診することがおすすめです。治療の方法としては、ホルモンバランスを整え、生活習慣や生活環境の改善を図ることから始まります。

サプリメントもおすすめ

更年期障害の治療法は、症状の度合いによっても異なりますが、ホルモン補充療法や漢方薬などによる治療となります。精神的な症状が大きい場合は、抗うつ薬や抗不安薬などが処方されることもあります。また、薬以外ではサプリメントも人気があります。更年期障害に効果があるといわれているサプリメントの特徴として、マカ、プラセンタ、大豆イソフラボン、高麗人参、ローヤルゼリーといった更年期の症状を緩和してくれる成分が配合されているところです。どの成分も、女性ホルモンの調整を促す働きを行う成分です。またそれぞれに、冷えの改善や自律神経を整える働き、不眠の改善など、症状に対応する役割などがあるので、症状に対応する成分が配合されたサプリメントを選ぶと効果的です。