オメガ3脂肪酸は3つの成分から成り立っている

魚が紡ぐ健康食品の歴史

ドラッグ

古い歴史を持つ食品

EPAとは、主に魚の油からとれるエイコサペンタエン酸のことを指します。その歴史は古く、1960年代に北極圏のシベリアなどに住むエスキモー達の健康調査によって発見されました。調査結果では、エスキモーたちの血中EPA濃度は通常の人たちよりも約35倍も高いことがわかりました。普段アザラシや魚が主食で野菜をほとんど摂取しない彼らが高齢で健康的な生活を営んでいる理由がこの調査結果によって判明しました。この研究結果を受けて、世界中でEPAの調査がなされました。その結果、血流だけでなく様々な効果があることがわかりました。そして、現代ではサプリメント食品の売り場でEPAを見ないということがなくなるぐらい有名になりました。

効果をより発揮するには

EPAは主に血液をサラサラにする効果があります。魚の油は不飽和脂肪酸というもので成り立っています。牛や豚の肉からとれる飽和脂肪酸は心臓病やがんなどといった様々な病気を発症させるリスクがあります。不飽和脂肪酸はその逆で体調を良くする働きがあります。厚生労働省が不飽和脂肪酸の適切な摂取量を公表しているので、サプリメントの購入を考えている方は参考にするとよいです。サプリメントは薬のようにすぐに効果が表れるものではなく長期間使用することによって初めて効果があらわれるものです。サプリメントの効果をきちんと受け取るためにも、安全性や使われている原材料に注目しつつ、途中で摂取をやめないである程度の期間は摂りつづけることが大切です。